LPWAへの取り組み

  1. トップページ
  2. 私たちの強み
  3. 技術力
  4. LPWAへの取り組み

日本の産業構造に革命をもたらす可能性を秘めた、
IoT化推進のための新技術『LPWA』

「情報革命」の進行に伴い、世界の産業シーンは日々大きく変わり続けています。コンピューター、ICTの発展で世界のグローバル化が進んだこの20数年。残念ながら日本産業の強みは徐々に失われていきました。
日本の製造業が苦戦している大きな要因、それは技術者固有の技術に依存する比率が高く、技術の一般化・標準化(原価低減)が困難なこと。高品質な反面コストがかかるため、品質よりも価格の安さを追求する追随製品にシェアを奪われることが日本の産業の構造的問題でした。この構造的問題を一気に解消するための方策のひとつが、IoTの新技術『LPWA』です。

IoT(モノのインターネット)が
ニッポンの産業再生の切り札に!

すべての機器・製品がインターネットに──。センサ、通信ユニットの小型化により、製造機器が検知するセンサ情報をリアルタイムに近い形で収集することが可能に。膨大なデータはAI(人工知能)によって分析され、より効率的により高品質な製品づくりのための「最適解」を導きます。
この技術を活用して業務の効率化を進めることができれば、新製品の開発に時間と資源を投入して付加価値を高め、同業の追随企業をリードし続ける「正の循環」を作り出すことが可能。日本企業が有する高い技術力と緻密な再現力が、再び世界における地位浮上のきっかけとなることは間違いありません。

「品質・技術には自信がある」という自負をお持ちの事業者様にこそ、IoT化による「事業分析⇒改革」プロセスへの早急な着手をおすすめします。

クリエイティブジャパンが、
皆様の事業のIoT化をサポートします!

IoTテスト環境
LPWA Ready

IoT化を進める上で問題になるのが、テスト環境の構築。現在のシステムへのIoTシステムの追加が予想以上に困難で、テストが進められないというケースは少なくありません。
そこでクリエイティブジャパンでは、既存のシステムに影響を及ぼすことのないテスト環境を低コストで提供し、
お客様にIoT環境を体験していただくことを可能にしました。

LPWAは通信を小容量、低速に制限することで
低コストでの広域通信を可能にした、IoT時代に特化した通信です。

電力消費の抑制にも成功しており、専用電源が確保できない場所でも実装が可能です。また、当社独自の通信網を有しているために、既存のネットワーク回線への追加も不要であり、構築作業は極めて容易。データを蓄積、管理するための「IoTプラットフォーム」についても、クレスコグループにて提供可能です。

当社が使用するLPWAは‥‥
  • 「SIGFOX」という国際規格に準拠し、日本では京セラコミュニケーションシステム株式会社が通信キャリアとして商用展開を進めています。
  • 当社はSIGFOXインテグレーションパートナーの認証を取得し、デバイスおよび通信プラットフォームの一括提供が可能です。
LPWAは製造業以外の多彩な事業にも活用可能です

導入に向けての構築手順が容易なLPWAは、省電力の規格のために屋外・屋内を問わず多様な状況下での利用が可能です。すでに先行導入されている欧米においては、様々な領域で活用実績を持っており、提供エリア内であれば日本でも同様の事業活用が可能です。

技術力へ戻る

ITプラットフォームを支える高度なネットワーク&セキュリティ