CLIP 新型コロナ感染症予防システム

  1. トップページ
  2. サービス・ソリューション
  3. IoTソリューション
  4. CLIP 新型コロナ感染症予防システム
COVID-19 感染症予防 室内換気不足を見える化 CO2センサーで3密を検知 新型コロナ感染症予防システムCLIP

システムの概要

本システムは、電気通信大学とクリエイティブジャパンの共同研究により実証実験を行い可視化した、コロナ禍に対応した「3密」(密閉・密集・密接)における「換気指標」としての一定の空間におけるCO2 濃度を測定できます。

その測定値を元に、室内の人数変動の把握をリアルタイムに行い、これにより密集度合いを分析でき、部屋の広さに応じた定員を超えた場合には管理者への通知を行うことができます。また、このCO2 濃度の測定値により、大学の教室内等における換気環境(CO2 濃度)見える化システムとしても活用できます。
※CO2濃度からの分析は特許出願中

CO2 濃度1000ppm 以上で思考力が低下し、2000ppm 以上で眠気を感じるようになり、2500ppm を超えると仕事中のパフォーマンスが著しく低下するとされています。[アメリカのローレンス・バークレー国立研究所とニューヨーク州立大学の研究などによる]

ナッジ効果でゆるやかにコロナ予防へ導く

電気通信大学 大学院 情報学専攻 橋山智訓教授監修のもと、ナッジ効果でゆるやかに室内の人を誘導します。新型コロナ感染症予防として「ソーシャルディスタンスの確保」「室外への退出」「室内の換気」を、熱中症予防としては、「エアコンの使用」を、ピクトアニメーションで人を導きます。

  • 密閉予防

    換気を促す
  • 人数増加

    ソーシャルディスタンス
  • 人数飽和

    退出を促す
  • 熱中症予防

    エアコンON
  • 通常表示画面

  • CO2 濃度遷移グラフ

  • 管理画面(オプション)

様々な施設・シチュエーションに安全で快適な環境を!

  • 教育機関

  • 宿泊施設

  • オフィス

  • 保育園・幼稚園

  • 病院・介護施設

ダウンロード

COVID-19 感染症予防 室内換気不足を見える化 CO2センサーで3密を検知 新型コロナ感染症予防システムCLIP
初期登録料 28,000円
年間利用料 72,000円(オプションは別途)

CLIP リーフレット

000KB

CLIPトピック

日程 名称
2020年12月24日(木) 「CLIP新型コロナ感染症予防支援システム」12月24日 正式にサービス提供開始
2020年8月26日(水) 電気通信大学との産学共同研究で「3密」 解決!

前のページへ戻る

ITプラットフォームを支える高度なネットワーク&セキュリティ