お知らせ

  1. トップページ
  2. お知らせ
  3. 記事
トピック

電気通信大学との産学共同研究で「三密」 解決!

報道関係各位

株式会社クリエイティブジャパン
国立大学法人電気通信大学

クリエイティブジャパン、電気通信大学との産学共同研究で「三密」 解決!
最適な換気を支援する「CLIP新型コロナ感染症予防支援システム」IoTサービスを開始

~CO2濃度を測ることで密集度と換気状況の見える化を実現するシステム~

ネットワーク&セキュリティ分野における高い信頼性を持つITプラットフォームを構築し、社会に貢献するイノベーション企業である株式会社クリエイティブジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:熊澤修一、以下クリエイティブジャパン)は、国立大学法人電気通信大学(東京都調布市、学長:田野俊一、以下電気通信大学)と、「超スマート社会のためのIoTシステムに関する研究」をテーマに共同研究を始める中で、電気通信大学大学院情報学専攻の橋山智訓教授の研究室とともに進めておりました研究の第一弾としまして、「新型コロナウイルス感染症予防の研究」による換気指標として、呼気に含まれるCO2(二酸化炭素)の濃度およびその測定値を基に、室内の人数変動の把握をリアルタイムに行うことができる密集度測定に関する産学共同研究を開始しました。具体的なシステムとして、クリエイティブジャパンが持つネットワーク・クラウド技術を活かしたIoTデバイスへCO2センサを内蔵し、新型コロナウイルス感染症対策に最適な換気を支援するシステム「CLIP新型コロナ感染症予防支援システム」を開発し、そのシステムにおける実証実験を電気通信大学とともに開始しました。電気通信大学が推進する「スーパーサスティナブルプラットフォーム」※1との連携を視野に入れて開発を進めています。このシステムの価格は、IoTデバイス10台(1台で10m2~200m2の室内での測定が可能)とWebシステムで49万8,000円(税別)~。売り上げ目標として3年で3億円(税別)をめざしています。具体的なサービス提供は10月1日を予定しています。

※1)スーパーサスティナブルプラットフォーム:電気通信大学が推進するオープンIoTプラットフォームの名称。

詳細はニュースリリースPDFを参照願います。
お問い合わせ先はこちら

ITプラットフォームを支える高度なネットワーク&セキュリティ